ETFS貴金属バスケット上場投資信託

ETFS貴金属バスケット上場投資信託は、ETFS現物保有型貴金属上場投信の一つで、ETFセキュリティーズ・マネジメント・カンパニー・リミテッドが管理する、貴金属地金により裏付けられた日本円投資できる外国籍ETFをいいます。これは、ロンドン白金・パラジウム市場(LPPM)およびロンドン地金市場協会(LBMA)の規格にもとづく貴金属地金の現物に投資し、4種類の貴金属のバスケット価格との連動を目指します。

一般に貴金属バスケットETFは、主要な貴金属であるプラチナパラジウムに、一つのETFで少額から投資が可能であり、オルタナティブ投資の一つとして利便性が高いと言えます。

ファンドの基本情報

銘柄名 ETFS 貴金属バスケット上場投資信託〔略称:キンゾクETF〕
連動対象 貴金属バスケット(金、銀、白金、パラジウム)
収益分配 なし
信託報酬 0.43%
管理会社 ETFセキュリティーズ・マネジメント・カンパニー・リミテッド

ファンドの取引情報

上場市場 東京証券取引所
カテゴリー 商品(外国投資法人債券)
銘柄コード 1676
上場日 2009年8月24日
売買単位 1口

金融商品ガイド

基本商品解説

連動対象カテゴリー