SPDR S&P500 ETF

SPDR S&P500 ETFは、ステート・ストリート・バンク・アンド・トラスト・カンパニーが管理を行う、アメリカ合衆国(米国)の株式市場を代表する株価指数である「S&P500」に連動する投資成果を目指す、日本円投資できる外国籍ETFをいいます。これは、1993年に米国で初めてのETFとして設定され、現在、その純資産残高は世界最大となっています。

なお、S&P500とは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出している株式インデックスで、米国の証券取引所に上場された代表的な500銘柄(24産業グループ)の株価を時価総額比率で加重平均し、指数化したものをいいます。

ファンドの基本情報

銘柄名 SPDR S&P500 ETF〔略称:SPDR500〕
連動対象 S&P500・・・米国株
収益分配 年4回
信託報酬 0.0945%
管理会社 ステート・ストリート・バンク・アンド・トラスト・カンパニー

ファンドの取引情報

上場市場 東京証券取引所
カテゴリー 外国株
銘柄コード 1557
上場日 2011年3月24日
売買単位 1口

金融商品ガイド

基本商品解説

連動対象カテゴリー