外国株式(外国株)

外国株式は、米国株や中国株など、海外(外国籍)の企業が発行する株式のことをいいます。これは、海外の証券取引所に上場もしくは店頭公開され、日々幅広く取引されており、またグローバルに活躍する世界的な優良企業や、日本の企業以上に成長性が高い企業も多く、投資先として大きな魅力があります。

例えば、米国株について言えば、ボーイングやキャタピラー、デュポン、エクソン・モービル、IBM、HP、GE、インテル、マイクロソフト、アップル、コカ・コーラ、マクドナルド、ウォルマート、ファイザー、ジョンソン&ジョンソン、P&G、Google、Amazon、アメリカン・エキスプレス、ゴールドマン・サックスなど、事実上の世界標準を持った大企業や世界的に有名な一流企業などが数多くあり、非常に興味深いです。

なお、外国株式を取引するにあたっては、証券会社に「外国証券取引口座」を開設する必要があります。

日本で取引可能な外国株式の種類

外国株式には、様々な国のものがありますが、日本で取引可能なものとしては、以下があります。通常は、証券会社での店頭取引となりますが、その中でも、米国株や中国株、韓国株などについては、インターネット取引にも対応しており、利便性は結構高いです。

・米国株(NYSENASDAQ
・中国株(香港、上海、深セン)
・韓国株(KOSPI、KOSDAQ)
・欧州株(ロンドン、ドイツ、ユーロネクスト)
・タイ株(SET)
・ロシア株(MICEX)
・インドADR(NYSE、NASDAQ)
・ブラジルADR(NYSE、NASDAQ) 他

日本の証券会社での外国株式の取引方法

現在、日本の証券会社で外国株式を取引する場合、外国委託取引、国内委託取引、国内店頭取引の3つの取引方法があります。

●外国委託取引

顧客からの注文を、証券会社が海外証券取引所等に取次ぎをする、委託方式での取引方法です。通常、取引の対象は、世界の主要市場に上場・公開している株式となっています。(原則として、成行注文、指値注文、繰越注文などが可能)

●国内委託取引

国内(日本)の証券取引所に上場している外国株式は、国内株式と同様に売買することができます。(株価は円建てで表示され、取引の方法や手数料なども国内株式と同じ)

●国内店頭取引

顧客からの注文に対して、証券会社が直接相手方となる取引で、証券会社が価格を提示する銘柄について売買することができます。(銘柄や株価などが顧客の注文内容と合致すれば、取引が成立するため、注文はその日のうちに成立する)

外国株式の基本事項

外国株式は、世界の株式でグローバル運用をする場合に活用します。

取扱機関 国内証券会社、海外証券会社
リターン インカムゲイン(配当金)
キャピタルゲイン(売却益、為替差益)
リスク 為替リスク(外国為替の変動、円高)
価格変動リスク(株価)
信用リスク(企業の倒産)
カントリーリスク(政治・経済・国際情勢)
関連マーケット 株式市場(該当国)、外国為替市場
ポイント 投資銘柄の収益力・信用力・成長性などを分析
海外のマーケット動向などを把握
取引方法、手数料、税金などを確認