自動車ローン

自動車ローンは、「マイカーローン」や「オートローン」、「カーライフローン」とも呼ばれ、自動車に関する諸費用を資金使途としたローンをいいます。これは、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンク、信販会社、自動車ディーラーなど様々なところで取り扱われており、主なタイプとしては、自動車購入資金に限定したもののほか、バイク購入資金や自動車免許取得費、点検・車検費、他社の自動車ローンの借換え資金なども融資対象にしているものもあります。

一般に自動車ローンの金利は、取扱会社によって大きく異なりますが、その比較検討にあたっては、金利に保証料を加えた「実質年率」でチェックすることが大切です。実際に表面的に金利が低くても、保証料が高ければ、実質的な支払負担は高くなりますのでご注意ください。また、ほとんどの商品は、契約時に予め決められた期間(返済回数)で定期的に返済していくか、返済の途中で全額繰上返済(全額一括返済)するかのいずれかの返済方法しかありません。

なお、昨今では、いくつかの商品で、一部繰上返済ができるものも出てきたので、返済方法の自由度や柔軟性も、今後、ローン選択の一つのポイントになるかもしれません。

自動車ローンの申込時に必要な書類

自動車ローンは、自動車購入の際に利用しますが、その申込みにあたっては、以下のような書類が必要になります。

・年収を証明する書類(源泉徴収票、納税証明書など)
・自動車購入を確認できる書類
・本人確認書類、住民票 他

自動車ローンの基本事項

自動車ローンは、取扱会社によって大きく異なるので、利用の際には、できる限り有利なローンを選択することが大切です。

取扱機関 銀行、信金、信組、労金、JAバンク、信販、ディーラーなど
対象リスク 短中期にわたる返済
対象者 20~70歳などの一定の収入のある人
資金使途 自動車の諸費用
融資金額 10~1000万円など (取扱会社により異なる)
金利 変動金利、固定金利
返済期間 5年や7年が一般的
返済方法 元利均等
担保・保証人 無担保、保証会社の活用など
備考 取引内容によって金利が優遇されることもあり