アカウントアグリゲーション

アカウントアグリゲーション(Account aggregation)は、「アカウント・アグリゲーション・サービス」とも呼ばれ、複数の金融機関等の取引口座情報を一つの画面に一括表示するサービスのことをいいます。これは、利用者(ユーザー)が複数の金融機関等に持つ口座残高や入出金履歴、利用履歴などの取引情報をコンピュータやスマホなどの画面上に一覧表示するもので、現在、銀行や証券会社、クレジットカード会社、ポータルサイト運営会社、Fintech会社などがサービスを提供しています。

一般に本サービスの情報取得の対象となるのは、預金や証券、保険、クレジットカード、公共料金、インターネットプロバイダ料金、マイレージ・ポイントなどの口座(契約)の取引情報で、利用するアグリゲーター(提供会社)によって、その対象機関は異なります。また、似たようなサービスとして、ホテルサイトの情報を専門に収集・表示するというように、金融情報を対象としないサービスもあり、これは「コンテンツ・アグリゲーション・サービス」と呼ばれることもあります。

アカウントアグリゲーションの主な特徴

アカウントアグリゲーションは、うまく利用すれば、日常生活において非常に便利なサービスであり、具体的には以下のような特徴があります。

・各々の取引口座にログインする手間が省け、時間の節約になる
・アカウント情報を登録することで、複数の金融機関等の取引口座情報が一つの画面に一括表示される
・種類別に取引情報が整理され、また資産のバランスや増減をグラフ等でビジュアル表示する機能を装備しているものもある
・家計管理に便利な「家計簿機能」や「目標管理機能」などを装備しているものもある

アカウントアグリゲーションの主なシステム

アカウントアグリゲーションは、1999年に米国のヨドリ社(Yodlee)がスクリーンスクレーピング方法でサービスを行ったことに始まり、現在、日本においては、以下のようなシステムが提供されています(導入機関により、サービス名は異なる)。

・NTTビズリンクが提供:Agurippa(アグリッパ)
・野村総合研究所が提供:InterCollage(インターコラージュ)
・イー・アドバイザーが提供:MoneyLook(マネールック)
・マネーフォワードが提供:Money Forward