デビットカード(Debit Card)

デビットカード(Debit card)は、銀行や信金、信組、労金、JAなどのキャッシュカードとしての機能の他に、買い物の時に自分の口座からの即時決済機能(その場で支払えるサービス)を備えたカードをいいます。これは、買い物や飲食などの代金の支払いの際にキャッシュカードを提示し、端末に暗証番号を入力すると、利用代金が自分の金融機関の預金口座(貯金口座)から即時に引き落とされ、数日後に加盟店の口座へ入金される仕組みとなっています。

日本では、1998年に郵政省(現:総務省)や民間金融機関、流通業界などが日本デビットカード推進協議会を設立し、1999年にデビットカードを試行的に取扱いを始め、2000年以降に全国で本格的に導入されました。現在、デビットカードは、クレジットカードと同様、現金を持ち歩かずにすみ、またクレジットカードと異なり手数料がかからないため、今後の一つの有力な決済手段になると期待されています。

なお、日本におけるデビットカードサービスは、「J-Debit(ジェイデビット)」と名づけられており、その意味は「JAPAN」の「J」と「借方」の 「Debit」を組み合わせた造語から来ています。

デビットカード(J-Debit)の使い方

J-Debitは、加盟店のレジなどで、以下のステップで簡単に使うことができます。

1.顧客はデビットカード利用と伝え、商品(もしくは伝票)をキャッシュカードと共に店員に渡す。
2.店員が端末にキャッシュカードを通し、商品価格を入力する。
3.顧客は、PINパッドで暗証番号を入力する。
4.顧客は、キャッシュカードと口座引落確認書(利用明細)を受け取る。

デビットカード(J-Debit)のメリット

J-Debitは、利用者側と加盟店側の両方で、以下のようなメリットがあります。

<利用者側のメリット>

・金融機関のキャッシュカードが全国の加盟店でそのまま使える。
・買い物や支払いのために、現金を引き出しておく必要がない。
・高額商品の購入時に多額の現金を持ち歩かなくてよい。
・預金残高の範囲内で安心して買い物ができる。
・手数料や年会費、金利などが不要、またサインも不要。

<加盟店側のメリット>

・代金回収日が早く、資金繰りが円滑になる。
・現金の集金や口座入金、釣銭準備などを抑えることができる。
・加盟店手数料が低く、支払方法の選択肢を増やせる。
・代金の回収もれが少なくなる。

デビットカードの基本事項

デビットカードは、キャッシュカードで即時決済できるサービスです。

発行機関 銀行、信金、信組、労金、JAなど
カード キャッシュカードがそのまま使える
機能 商品やサービスの代金の即時支払い
利用場所 J-Debitに参加している加盟店
利用方法 設置されたカード端末にキャッシュカードを読み取らせ、代金を確認後、暗証番号を入力すれば決済が完了
利用可能額 口座残高の範囲内
備考 ・暗証番号の入力は自分がする(見られないように注意)
・分割払いはできない(一括払いのみ)
・利用者の年齢や資格などの制限がない