レンタカー

レンタカー(Rent-a-car)は、自動車を有料で貸し出すサービス(事業)、または貸し出された自動車のことをいいます。これは、レジャーやビジネス、引っ越しなど、多くの個人や法人などに日々利用されており、日本におけるレンタカー事業は、道路運送法第80条、同法施行規則第52条の規定、及び運輸支局長の定める「自家用自動車の有償貸渡しの許可基準」に基づく許可を受けて行われています。

一般にレンタカーは、「必要な時に必要なだけ使えること」が一番のポイントになっており、その車両については、顧客(個人・法人等)のニーズに応じて、軽自動車や乗用車、セダン、ワゴン、ミニバン、SUV、スポーツカー、バン、マイクロバス、ダンプカー、クレーン車、保冷車、福祉車両などが用意されています。ちなみに、日本のレンタカーのナンバープレートに使われている平仮名は、基本的に全て「わ」となっています。

レンタカーの主なメリット

個人が旅行や出張などでレンタカーを利用する場合、以下のようなメリットがあります。

・必要な時に必要なだけ、気軽に利用することができ、経済的である
・目的やグループの人数に合った様々な車種を選択できる
・旅先でドライブを楽しむことができ、行きたい場所に自由に行ける
・自動車の点検整備は、短いサイクルで厳しい点検基準で実施されており、安心して乗ることができる
・万が一の事故に備え、任意保険などの自動車保険に加入している

レンタカーの利用方法

個人がレンタカーを利用する場合、直接、レンタカー事業者の予約センターやウェブサイト、営業所で申し込む他に、旅行代理店や航空会社などでも申し込むことができます。通常、利用要件としては、有効な自動車運転免許証を持っていることが最低限必要であり、また利用にあたっては、所定の貸渡約款に同意の上、貸渡契約書に個人情報などを記入し、料金の決済受渡や確認の署名をすることで、正式にレンタカー契約が締結されます。

レンタカーの事業者

現在、日本において、レンタカーの事業者は、自動車メーカーや関連する自動車ディーラーが母体となって設立したメーカー系、他業種(事業会社)が母体となって設立した非メーカー系・独立系に大きく分けられ、その中で大手事業者としては以下が有名です。なお、昨今では、独立系において、車両コストや運営コストなどを大幅に削減し、既存業者の料金と比べて廉価で事業を行っている「格安レンタカー」という業態もあります。

●自動車メーカー系

・トヨタレンタカー
・日産レンタカー 他

●独立系

・ニッポンレンタカー
・オリックスレンタカー
・タイムズカーレンタル
・駅レンタカー
・Jネットレンタカー
・ジャパンレンタカー 他