起業のリターンとリスクを見極める

ビジネスのやり方を考えた場合、「企業に勤めるケース」と「自分で独立(起業)するケース」の2つがあります。前者の企業での仕事は、大規模な案件や海外向けの案件等でやりがいを感じることもあるし、一方で後者の独立しての仕事は、自分の能力と裁量で大きな報酬を得られる可能性があり、どちらも一長一短があり、どちらが良いかは、その人の考え方やライフスタイルなどによって変わってきます。

そのため、ビジネス面で大事なことは、自分が納得でき、満足のいく選択をすることではないでしょうか? ここでは、企業に勤めるケース独立(起業)するケースの2つに分けて、そのリターン(メリット)とリスク(デメリット)について簡単にまとめてみました。

<下記のケースについて>

・ある程度若くして起業。独立当初は個人事業を想定
・年金は各人の企業勤めの経験の有無により異なる
・税金は企業形態にした場合、源泉徴収

企業勤務のリターンとリスクは?

企業勤務は、安定した収入や充実した福利厚生、多様な社内リソースなどがあり、仮に転職しても通用する実力さえ備えられれば、ビジネスをする上で結構メリットは大きいです。また、社内の人間関係が悪くなければ、安心感や満足度は結構大きいです。

項目 リターン(メリット) リスク(デメリット)
自己実現 自己努力 企業方針、企業都合
収入 定期収入+ボーナス、安定 評価は上司、会社の業績に影響
生涯賃金 ある程度予測可能 終身雇用の崩壊
労働・休暇 週休2日、年次休暇、残業代 サービス残業
雇用 現状は安定 将来は不安(リストラ等)
キャリア形成 自己啓発、社内教育(会社負担) 意に沿わぬ仕事や部署配置
社会的信用 個人信用+企業信用
年金 基礎+厚生+(企業年金) 年金制度の不安
リタイアメント 退職金あり 高齢時の雇用
健康保険 保障面が充実、健康診断あり
雇用保険 失業時や疾病時の保障
労災保険 労災時の保障
税金 源泉徴収、年末調整 経費をほとんど落とせない
精神面 所属の安定 ストレス(業務評価、人間関係)
転職の自由 自分次第
起業への道 自分次第

独立(起業)のリターンとリスクは?

起業(独立)は、成功するまでの道程が、一部の商才のある人を除けば、結構多難ですが、もしうまくいった場合の達成感や満足度は非常に大きいです。

項目 リターン(メリット) リスク(デメリット)
自己実現 自分次第、充足感 ビジネスの浮き沈み
収入 自分次第 かなり不安定、ワーキングプア
生涯賃金 自分次第 予測不可能
労働・休暇 自分次第 不定期 労働時間が異常に長い、休めない
雇用 自分がボス 仕事がないと収入なし
キャリア形成 自分次第 コスト負担は結構大きい
社会的信用 自分次第(個人信用) クレジットカードが作れないことも
年金 基礎年金 自助努力、年金制度の不安
リタイアメント 成功すれば豊かな引退生活 失敗すれば悲惨な老後
健康保険 充実した保障はなし
雇用保険 加入資格なし
労災保険 加入資格なし
税金 経費をそれなりに落とせる 確定申告(手続き面倒)
精神面 束縛のない自由 先行きの不安、自己プレッシャー
転職の自由 事業失敗時の転職(正社員)は困難
起業への道 撤退には大きな代償