会社を立ち上げる!

会社は、設立と同時に、確実に「お金」と「時間」を消費していきます。その速度は、設立前に比べて一気に速くなり、時の経過と共にさらに加速していきます。そのため、会社を設立する前に、出来る限り準備しておくことが大切です。また、どこまで準備するかは事業内容によって異なりますが、大切なことは、スタートと同時にすぐに業務に集中できるようにすることではないでしょうか?

例えば、収益の源が販売の会社であれば、早急に売上を挙げることが必要ですし(ほとんどの会社が該当)、研究開発型の企業であれば、早急に開発に注力できる体制をつくることが必要です。すなわち、収益や成果につながらない準備段階の仕事は、会社設立前に出来る限りやっておいた方が、結果的に効率的になるのではないかと思います。

ここでは、開業の基礎会社の設立会社の経営について簡単にご説明します。

開業の基礎を理解する

開業(起業)するにあたって、個人事業でやるにせよ、会社組織でやるにせよ、最低限の基礎知識は必要です。特に会社の形態や仕組み、届け出などは、行政手続きや税務などとも絡むので、しっかりと理解するようにしましょう。また、届け出関連については、期日もあるので、事前に役所で確認するとよいでしょう。

会社を設立する

ビジネス(事業)を会社組織で始める場合、会社を設立する必要があります。これについては、事務手続きなどで確かに面倒ですが、必ずしも専門家(司法書士・行政書士等)に頼らなくても設立することができます。

会社設立の事例を見る

会社設立は、どのような流れ(フロー)で行われ、どのくらい費用(コスト)がかかるのでしょうか? このページでは、会社設立の一つの事例として、当社(株式会社エフ・ブイ・ゲート)のケースをまとめてみました。

会社を経営する

経営は、業種や事業内容、会社規模によって、それぞれやり方が異なり、一概にこれだというやり方はありませんが、別の見方をすれば、全てが自由であり、創意工夫次第です。これこそが経営の醍醐味であり、自由な発想やイノベーション(変革)が求められます。通常、会社を経営するにあたっては、「経営管理」「営業・マーケティング」「財務・経理」「人事」の4つが基本となります。