交付目論見書

読み方: こうふもくろみしょ
分類: 書類

交付目論見書は、「投資信託説明書」とも呼ばれ、投資家が購入しようとしている投資信託(ファンド)ついて、投資判断に必要な重要事項を説明した書類をいいます。

委託会社(運用会社)が作成し、販売会社がファンドを募集・販売する際に、予めまたは同時に投資家に渡すことが義務付けられている法定開示資料で、具体的には、ファンドの目的や特色、投資リスク、運用実績、手続き、手数料などが記載されています。

なお、目論見書とは、有価証券の募集あるいは売出しに際して、投資家に交付する、有価証券の内容や販売条件などを記載した書類をいいます。