現物取引/実物取引

読み方: げんぶつとりひき/じつぶつとりひき
分類: 取引・決済

現物取引は、「実物取引」とも呼ばれ、決済日に顧客と金融機関等の間で、現物(実物)と金銭(資金)の受渡しが行われる取引をいいます。

株式や債券、コモディティなどのマーケット(市場)で主に使われる用語で、金融取引や商品取引などの一つの形態を指し、通常、信用取引や先物・オプション取引などと区別する際に用いられます。

※コモディティ:貴金属、エネルギー、農産物 他

一般に現物取引は、市場での普通の取引形態であり、また信用取引や先物・オプション取引などとは異なり、レバレッジは1倍であるため、投資家のリスク(最大損失)は投資金額の範囲内に限定されます。

なお、将来のある時期に、予め決められた価格で、予め決められた商品を売買する予約取引である「先渡取引」は、現物決済であるため、現物取引に分類されます。