ダイレクトペーパー

読み方: だいれくとぺーぱー
分類: オープン市場

ダイレクトペーパーは、ダイレクト発行されるコマーシャルペーパー(CP)をいいます。

CPの発行形態において、業者(ディーラー)を通じて発行する「ディーラーペーパー」に対する用語で、発行企業が投資家に直接発行するものとなっており、現在、金融持株会社や金融会社、大手事業会社などで採用されています(日本では、1998年に解禁)。

一般にダイレクトペーパーは、ディーラーペーパーと比べて、手数料がかからず、低コストで発行することができますが、一方でマーケットにおいて、高い信用力が必要となり、また自社で引受先を見つけることも必要となります。

<コマーシャルペーパー(CP)について>

コマーシャルペーパー(CP)は、企業が短期資金の調達を目的に、短期金融市場(オープン市場)で割引形式で発行する無担保の約束手形で、昨今では、ペーパーレスの「電子コマーシャルペーパー」が主流となっている。