エイチ・エス・フューチャーズ

エイチ・エス・フューチャーズは、かつて存在した商品先物取引会社でした。そのバックグラウンドは、東証JASDAQに上場する澤田ホールディングス(現存)の連結子会社で、グループ企業にオリエント証券(2010年廃業)、関連企業にFX大手の外為どっとコム(現存)を持っていました。その昔、営業時においては、商品先物ブローカーの枠を超えた、総合投資サービス化構想を経営の根幹に位置付け、資産運用に関するあらゆる投資事業を集約することにより、常に新しいサービスを創出し、提供することを目指していました。

しかしながら、そんな同社でしたが、時代の流れの中で、商品先物取引業の事業環境が市場規模の縮小と流動性の低下により厳しさを増し、ついには収支改善および事業継続が困難となりました。そして、親会社の澤田ホールディングス全体における事業の選択と集中という観点から総合的に検討された結果、2012年6月に主たる業務である商品先物取引業を廃止し、2012年8月にオンライントレード事業が日産センチュリー証券に譲渡され、2012年9月11日をもって廃業しました。

エイチ・エス・フューチャーズの沿革・・・最後は廃業

エイチ・エス・フューチャーズは、商品先物取引業の事業環境の悪化の中、2012年に半世紀の歴史を閉じて廃業しました。

・1959年:九州豊栄物産が設立
・1971年:豊栄に商号変更
・1973年:オリエント貿易に商号変更
・1981年:明光商品と合併
・1999年:ホームトレード「浪漫飛行」を開始
・2000年:子会社のオリエント証券を設立
・2001年:米国にオリエント アセット マネジメント LLCを設立
・2002年:メイタン・トラディションと共同出資で外為どっとコムを設立
・2003年:ヘッジファンド業務を開始
・2005年:エイチ・エス証券(現 澤田ホールディングス)が子会社化
・2008年:エイチ・エス・フューチャーズに商号変更
・2010年:本社を移転(新宿から銀座へ)
・2012年:商品先物取引業を廃止、事業譲渡、廃業

オンライン商品先物取引「浪漫飛行」の商品概要・・・営業時

エイチ・エス・フューチャーズのオンライントレード「浪漫飛行」では、かつて国内の2つの商品取引所の銘柄を取り扱っていました。また、「浪漫飛行」の取引システムは、多機能版(AndTradingSystem)、シンプル版(HTML通常版)、モバイル版の3種類について、どれでも無料で利用することができました。

<オンライントレード「浪漫飛行」の主なメリット>

・充実した取扱銘柄
・多彩な注文機能
・板寄注文がおトク
・充実した先物取引情報サービス
・便利なトレード支援機能
・おトクなポイントサービス
・24時間無料で即入金
・ロスカット機能でリスク管理

東京工業品
取引所
、銀、プラチナ(白金)、パラジウム、ゴムRSS3、灯油、ガソリン、 原油、金ミニ、白金ミニ
東京穀物商品
取引所
一般大豆、NON-GMO大豆、小豆、とうもろこし、アラビカコーヒー、ロブスタコーヒー

エイチ・エス・フューチャーズの会社概要・・・廃業

エイチ・エス・フューチャーズは、2012年9月1日をもって廃業しました。

商号 エイチ・エス・フューチャーズ株式会社
〔H.S.FUTURES CO., Ltd.〕
本店所在地 東京都中央区銀座6丁目10番16号
事業内容 商品先物取引、第二種金融商品取引業
設立-廃業 1959年-2012年
バックグランド 親会社はJASDAQ市場に上場する澤田ホールディングス
関連会社は外国為替取引最大手の外為どっとコム