諸会費

読み方: しょかいひ
分類: 勘定科目(P/L)

諸会費は、企業の事業運営(業務)に関連して加入している、各種団体に支払う会費等をいいます。これは、損益計算書(P/L)の販売費及び一般管理費に区分される勘定科目の一つで、具体的には、業界団体・同業者団体の会費、商工会・商工会議所の会費、納税協会・青色申告会・法人会等の会費、商店会の会費、自治体の会費、各種協力会の会費、あんしん財団の会費、組合費、賦課金などが該当します。

一般に加入している団体で業務に関係するものは、「諸会費」として税務上損金となりますが、一方でロータリークラブやライオンズクラブなど、業務とは直接関係がなく、社交的要素が高く、会員間の親睦を目的としているものは、税務上「交際費」として取り扱われます。また、加入している団体の親睦会やパーティーなどの会費は、諸会費ではなく「交際費」に分類して会計処理します。

なお、会費や組合費、賦課金は、「諸会費」勘定で処理するほかに、「租税公課」勘定で処理することも可能となっています。