売上高

読み方: うりあげだか
英語名: Sales, Revenue
分類: 財務・会計|損益計算書

売上高は、ある期間内に、何らかの対象を販売することによって得た収益(金額)のことをいいます。これは、企業会計においては、収益区分の一つで「売上」とも呼ばれ、企業が本業(ビジネス)を通して、商品(製品)やサービスを販売することによって得た収入の合計額を指します。

一般に売上高は、損益計算書(P/L)で一番上にくる項目であり、その企業の事業規模を表すため、時系列でその増減を見たり、決算予想の予想売上高をチェックしたりすることがポイントになります。また、上場企業の場合、四半期報告制度があるため、四半期損益計算書で3カ月毎の売上高の推移をチェックしたりすることもできます(企業によっては、月次売上高を公表しているところもあり)。

なお、企業の業界内での位置づけは、売上高は事業規模という面で一つの基準となりますが、総合的な評価では、時価総額や利益額などが重視されることが多いです。