受取利息

読み方: うけとりりそく
英語名: Interest income
分類: 勘定科目(P/L)

受取利息は、預貯金や貸付金などの利息の受取分のことをいいます。これは、損益計算書(P/L)の営業外収益に区分される勘定科目の一つで、具体的には、預貯金(普通預金、納税準備預金、通知預金、定期預金など)の利子、有価証券(国債、地方債、社債など)の利子、貸付金の利息、手形割引の受取割引料などが該当します。

一般に企業会計原則では、受取利息と有価証券利息とを区別すべきとする規定は特にありませんが、一方で日商簿記では、受取利息とは区別して有価証券利息の勘定が使用されており、また財務諸表等規則(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則)でも、貸借対照表の表示科目として受取利息と有価証券利息を区別すべきものとしています。

なお、P/Lの営業外収益の項目には、受取利息以外に、受取配当金、有価証券利息、有価証券売却益(売買目的有価証券売却益)、有価証券評価益、仕入割引、為替差益、不動産賃貸料収入、雑収入などがあります。

<財務諸表等規則(第90条)>

営業外収益に属する収益は、受取利息(有価証券利息を除く。)、有価証券利息、受取配当金、有価証券売却益、仕入割引その他の項目の区分に従い、当該収益を示す名称を付した科目をもつて掲記しなければならない。ただし、各収益のうちその金額が営業外収益の総額の百分の十以下のもので一括して表示することが適当であると認められるものについては、当該収益を一括して示す名称を付した科目をもつて掲記することができる。