株価キャッシュフロー倍率

読み方: かぶかきゃっしゅふろーばいりつ
英語名: Price Cash Flow Ratio
分類: 財務・会計|財務分析

株価キャッシュフロー倍率は、「PCFR」とも呼ばれ、株価一株当たりキャッシュフローで除したものをいいます。これは、株価が一株当たりキャッシュフローに対して何倍(何年分)で評価されているかを表す指標で、通常、本数値(倍率)が高いほど割高であり、一方で低いほど割安であるとされています。また、キャッシュフローとは、税引き後利益に、利益から差し引かれた減価償却費を再び加えた金額で、減価償却方法の異なる企業の収益力を比較可能にし、企業の現金を生み出す力を示すものとして利用されています。

一般に株価キャッシュフロー倍率は、株価収益率(PER)や株価純資産倍率(PBR)などと同様、株式市場平均や業界平均、同業他社などと比べて、株価が割高か割安かを判断する際に使われます。また、株価収益率とは異なり、会計基準に左右される利益ではなく、キャッシュフローに着目しているため、国ごとに異なる会計制度の影響を受けにくいことが評価され、国際的な株式投資の指標としても注目されています。(株価収益率は、国によって会計基準が異なることから、何を利益とするのかといった定義が一定でないのが問題)

・株価キャッシュフロー倍率=株価÷1株当たりキャッシュフロー