営業外収益

読み方: えいぎょうがいしゅうえき
英語名: Non-operating revenues
分類: 財務・会計|損益計算書

営業外収益は、企業の財務活動や投資活動など、本業以外の活動によって得られた経常的に発生する収益のことをいいます。これは、損益計算書(P/L)において、営業外費用と共に「営業外損益」を構成し、また営業損益(営業利益営業損失)に営業外損益を足したものを経常損益「経常利益経常損失」と言います。

一般に営業外収益には、受取利息や割引料、受取配当金、有価証券利息、売買目的有価証券売却益、仕入割引、雑益などの勘定科目があり、通常、財務諸表における表示については、これらの科目をもって表示するのが原則ですが、例外として、金額的にも僅少(財務諸表等規則では、営業外収益の総額の100分の10以下)で重要性のないものは、雑収入などの科目で一括して表示することも認められています。

なお、似たような科目である、投資有価証券売却益や子会社株式売却益などについては、特別利益に計上されるのでご注意ください。