経常利益

読み方: けいじょうりえき
英語名: Ordinary Income
分類: 財務・会計|損益計算書

経常利益は、損益計算書(P/L)において、「営業利益営業損失)」に「営業外収益」を加え、そこから「営業外費用」を差し引いた後の利益のことをいいます。これは、企業の経営力を見るための最も基本的な利益指標で、本数値がマイナスとなった場合は「経常損失」と言います。また、加算する営業外収益には、受取利息・受取配当金・有価証券売却益・雑収入などがあり、一方で減算する営業外費用には、支払利息・有価証券売却損・雑損失などがあります。

一般に経常利益は、本業の収益力を示す営業利益に、普段行っている財務活動などの損益を加減して計算されるため、通常の「事業活動全体から得られる利益獲得力」を示しており、その企業の財務力を含めたトータルの実力を知ることができます。また、企業の内部においては、経営の通信簿としての意味合いを持つ一方で、企業の外部においては、今後の企業動向を判断するための重要な投資材料にもなっています。

経常利益による財務分析

一般に企業の財務分析をする場合、前年度比で経常利益を比べたり、競合企業と経常利益を比べたりします。また、経常利益の成長率を示す「増益率」をチェックしたり、売上高に対する経常利益の比率を示す「売上高経常利益率」などもチェックしたりします。

経常利益を含めた利益の種類

一般に損益計算書では、以下の5つの利益が基本となります。

売上総利益=売上高-売上原価
・営業利益=売上総利益-販売費及び一般管理費
経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用
税引前当期純利益=経常利益+特別利益特別損失
当期純利益=税引前当期純利益-法人税等