前受金

読み方: まえうけきん
分類: 勘定科目(B/S)

前受金は、商品やサービスなどの販売において、実際に販売(受け渡し、提供)するまでの間に、販売先から代金の一部または全部を前もって受け取った場合に使用する勘定科目をいいます。これは、通常、受け取った「手付金」や「内金」のことであり、販売した商品やサービスを受け渡す前に代金の一部または全部を契約の証拠などとして受け取った際の経理処理となっています。また、商品やサービスの受け渡し後には、売上などの適切な勘定科目に振り替えられます。

<手付金と内金の違いについて>

手付金が買い主または売り主のどちらかが契約を止めたければ、正当な(法律的)理由が無くても契約を解除することができるのに対して、内金は買い主と売り主の双方で正当な(法律的)理由が無ければ契約を解除することができません。

前受金の計上(経理処理)

前受金は、日常の経理処理において、実際にはまだ販売されていないため、一時的に預かったものとして負債の性格を持つため、貸借対照表(B/S)の"負債の部"の流動負債に計上されます。また、建設業では、前受金ではなく、建設業会計において、建設業者が発注者より工事の完成引渡前に請負代金の一部または全部を受領した場合に計上する「未成工事受入金」という勘定科目を使用します。

なお、前受金とは反対に、仕入先や外注先などに代金の一部または全部を前もって支払った場合、実際にはまだその受け渡し(提供)を受けていないものの、既に資産としての性格を持つため、B/Sの"資産の部"の流動資産に計上される勘定科目を「前渡金(前払金)」と言います。

前受金と前受収益の違い

「前受金」と似たような勘定科目に「前受収益」があり、どちらも貸借対照表(B/S)の"負債の部"の流動負債に計上される勘定科目ですが、一方で以下のような違いがあります。

|前受金|
商品やサービスなどの販売において、実際に販売するまでの間に、販売先から代金の一部または全部を前もって受け取った場合に使用する。

|前受収益|
一定の契約に従って継続して役務の提供を行う場合に、未だ提供していない役務に対して、当期に前もって支払いを受けた場合に使用する。