未払金

読み方: みばらいきん
分類: 勘定科目(B/S)

未払金は、本来の営業活動以外の取引による未払いの金額を計上するための勘定科目をいいます。これは、企業において、本来の営業取引から生じる債務である買掛金以外で、本来の営業取引以外の「非継続的な取引から生じる債務」を対象とするものとなっています。

具体的には、固定資産や有価証券の購入代金の未払分、事務用消耗品費や工具器具備品などの未払分、外注加工費の未払分、利払日が経過した社債利息の未払分などが該当します。

未払金の計上(会計処理)

未払金は、ワン・イヤー・ルールの適用を受け、貸借対照表(B/S)においては、決算日の翌日から1年以内に支払期日の到来するものは、"負債の部"の流動負債に「未払金」として計上され、また1年を超えるものは、"負債の部"の固定負債に「長期未払金」として計上されます。

なお、本来の営業取引以外の「非継続的な取引から生じる債務」を全て未払金勘定で処理をすると、その範囲が大きくなるため、企業会計の「明瞭性の原則」から、特に残高に重要性がある場合には、その債務の内容を示す名称を付して区分して表示します。

未払金と買掛金と未払費用の違い

「未払金」と間違えやすい勘定科目に「買掛金」と「未払費用」があり、それぞれの違いは以下のようになっています。

|未払金|
本来の営業取引以外の非継続的な取引から生じる債務(未払い分の金銭)を扱う勘定科目をいう。

|買掛金|
商品や原材料、サービスを仕入れまたは提供を受けた時、後から代金を支払うものとして、未払いとなっている債務(未払い分の代金)を対象とする勘定科目をいう。

|未払費用|
未払賃金や未払利息、未払リース料など、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合に、既に提供された役務に対して、未だに支払いが完了していない対価を計上するための経過勘定をいう。