飛ばし

読み方: とばし
分類: 企業会計

飛ばしは、決算対策のために、企業が保有する評価損(含み損)を抱えた有価証券(株式・債券等)を一時的に第三者(他社)に転売することをいいます。これは、企業が保有している株式や債券などが値下がりして、含み損がバランスシートに載ることを避けるために、含み損の出ているものについて、買い戻し条件付きで、時価とかけ離れた価格で第三者に転売することを指します。

飛ばしのスキーム

飛ばしは、スキーム(仕組み)として、証券会社に間に入ってもらい、決算期の異なる企業を相手に、後日の金利付き引き取りを条件とし、時価より高い価格で売却するなどして、損失を決算書上において見えなくする(隠す)というものでした。

なお、飛ばしで転売を繰り返しても、時価が回復しない場合は、含み損がさらに膨らんでいき、状況はさらに悪化することになります。

飛ばしの過去と現在

飛ばしは、1980年代までは、証券会社の損失補填の手段として利用されていましたが、その後、1990年代の証券不祥事で社会問題化しました(その背景には、バブル時代の財テクの失敗などがあった)。そして、今日では、粉飾決算の一つとして、金融商品取引法で禁じられています。