不動産投資信託

読み方: ふどうさんとうししんたく
分類: オルタナティブ投資|REIT

不動産投資信託(不動産投信)は、「REIT(リート)」とも呼ばれ、不動産投資対象とする上場投資信託のことをいいます。これは、多くの投資家から集めた資金や金融機関から借り入れた資金を用いて不動産を購入し、その不動産から得られる賃貸料収入や売却益を投資家に還元(分配)する仕組みとなっています。また、投資対象となる不動産には、オフィスビルや商業施設、物流施設、ヘルスケア施設、ホテル、マンションなどがあります。

2000年11月の「投資信託及び投資法人に関する法律」の施行により、投資信託の運用対象に不動産も認められたことにより、日本でも不動産投信の導入が可能になりました。現在、その形態には、大きく分けて「投資信託(契約型)」と「投資法人(会社型)」の2つがありますが、日本の金融商品取引所(証券取引所)に上場されている銘柄は、その全てが投資法人の形態を選択しています。

不動産投資信託の市場と取引

日本の不動産投信の市場は、2001年に東京証券取引所に開設されて以降、様々な銘柄(投資法人)が上場されており、その上場銘柄には株式と同様、4桁の証券コードが割り当てられ、取引所の立会時間中は常に価格が変化しています。また、株式と同様、証券会社を通じていつでも売買を行うことができ、指値注文成行注文信用買い信用売りなども可能になっています。

不動産投資信託の主な特徴

不動産投信は、個人投資家でも手軽に不動産投資が可能であり、また他の金融商品と相関性が低く、オルタナティブ投資の一つの選択肢として活用することができます。

・小口の資金でリスク分散された不動産投資が可能
証券取引所に上場(市場価格)
・安定した分配金と相対的に高い利回りが期待
・株式と同じようにいつでも売買が可能
・指値注文や成行注文などが可能
信用取引買い建て売り建て)が可能
・投資判断や損益把握が容易