純金

読み方: じゅんきん
分類: オルタナティブ投資|貴金属

純金は、「二十四金」や「金無垢」とも呼ばれ、金の含有量が24分の24(純度99.99%)である金(Gold)のことをいいます。これは、まじり物のない金であり、その純度(品位)は全ての金合金の中で最も高いですが、一方で金は軟らかい物質であるため、純度99.99%では「装飾品(宝飾品、ジュエリー)」として使うことができません。

一般に金は、古くから富の象徴とされており、その希少さゆえに高い価値を持ち、また純金については、「金地金(インゴット)」や「地金型金貨(投資用金貨)」の形態で、現物資産として保有することができます。

●金地金

5g、10g、20g、50g、100g、200g、500g、1kgなどのサイズバリエーションがあり、金塊番号や商標、重量表示、素材表示、製錬・分析者マーク、品位表示などが刻印されている。

●地金型金貨

発行元の政府が重量と品位を保証している金貨で、代表的なものとして、「ウィーン金貨ハーモニー(オーストリア)」や「メイプルリーフ金貨(カナダ)」、「カンガルー金貨(オーストラリア)」などがある。