地金型金貨

読み方: じがねがたきんか
分類: オルタナティブ投資|貴金属

地金型金貨は、「投資用金貨」とも呼ばれ、世界のいくつかの政府が発行している法定通貨で、発行元の政府が重量と品位を保証している金貨をいいます。これには、代表的なものとして、「ウィーン金貨ハーモニー(オーストリア)」や「メイプルリーフ金貨(カナダ)」、「カンガルー金貨(オーストラリア)」などがあり、いずれも24K(純度99.99%の純金)となっています。また、金貨には22K(純度91.67%)のものもあり、「イーグル金貨(米国)」や「ブリタニア金貨(英国)」などがあります。

なお、金貨には、地金型金貨とは区別される「収集型金貨」と呼ばれるものもあり、通常、記念金貨や古金貨などを指します。これらは、金貨としての価値だけでなく、希少価値やデザイン的価値もあるため、収集家(コレクター)の人気度合いによって価格が変動し、同じの含有量のものでも地金型金貨より高額で取引されています。

地金型金貨の金の純度

地金型金貨には、「24K(24金)」と「22K(22金)」の二種類があります。24Kは、全体の24分の24(純度99.99%)が金で、純金となっているのに対して、22Kは、全体の24分の22(純度91.67%)が金で、その他に銀や銅が約8%含まれています。

24Kの金貨は純金のため、金本来の輝きと質感がありますが、金の金属の性質として「柔らかいため傷がつきやすい」という弱点があるのに対して、22Kの金貨は、傷がつきづらいように、銀や銅を混ぜて硬度を高めています。なお、金の含有量については、24Kと22Kの金貨とも同じで、22Kの方が銀や銅が含まれている分だけ重くなっています。

地金型金貨の購入と売却

地金型金貨は、大手地金商や金属精錬会社の販売店などにおいて、日々の金相場に連動した市場価格で売買することができます。通常、その価格は、金地金と同じように「店頭小売価格」と「店頭買取価格」の二本建てとなっており、同じ量の金地金より割高になっています。これは、金貨の鋳造や流通などのコストが「プレミアム」として上乗せされているためですが、その売買には金地金のような手数料(バーチャージ)が掛からず、その分はプレミアムで相殺できる計算になります。

一般に小口の投資に限れば、地金型金貨の方が金地金より投資コストが抑えられることから、重量が重い金貨ほど1枚当たりの価格に占める鋳造コストの割合が小さくなり、最も投資効率が高いのは「1トロイオンス金貨」と言えます。なお、売却する際には、傷がついていたり、変形していたりすると、通常より安い価格(地金再生買取価格)が適用されてしまうので、保管面には注意が必要です。