金地金

読み方: きんじがね、きんじきん
分類: 貴金属

金地金は、「ゴールドバー」とも呼ばれ、金(ゴールド)の延べ板(延べ棒)のことをいいます。これは、通常、純度が99.99%の純金で、5g、10g、20g、50g、100g、200g、500g、1kgなどのサイズバリエーションがあり、また金塊番号(製造番号)や商標、重量表示、素材表示、製錬・分析者マーク、品位表示などが刻印されています。

また、地金とは、金属を貯蔵しやすいような形で固めたもの(金属塊)で、現物資産として保有できる貴金属については、金地金の他に、プラチナ地金や銀地金などがあります。

金地金

現在、日本で金地金を販売している大手貴金属商としては、田中貴金属や徳力本店、三菱マテリアル、日本マテリアルなどが有名で、「LBMA(London Bullion Market Association)」の溶解・検定業者として公認されています。