インゴット

英語名: Ingot
分類: オルタナティブ投資|貴金属

インゴット(Ingot)は、「鋳塊(ちゅうかい)」と同義で、溶かした金属を鋳型に流し込んで固めたものをいいます。これは、製錬された金属を圧延・鍛造などの加工や再溶解に適するような大きさ・形状とした金属塊であり、流通や貯蔵のしやすい形にしたものを指します。また、対象となる金属が鉄鋼の場合には、「鋼塊」とも言います。

一般にプラチナパラジウムなどのインゴットには、ブランド名や重量表示、品位表示、シリアルナンバーなどが刻印され、国内外で幅広く取引されています。その中でも金のインゴットは、「金地金」や「金の延べ棒」、「ゴールドバー」とも呼ばれ、長期的な財産保全の手段に適した実物資産として個人にも人気があり、通常、純度が99.99%で、1㎏、500g、100g、50g、20g、10g、5g、2g、1gなどの種類があります。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。