ブル型商品ファンド

読み方: ぶるがたしょうひんふぁんど
分類: オルタナティブ投資|商品ファンド

ブル型商品ファンドは、投資家から集めた資金を商品先物に投資する商品ファンドのうち、商品価格が上昇した場合に利益が出るように設計されたタイプのものをいいます。これは、日本では、主に商品取引会社が信託型などで組成して販売しており、株式債券不動産などとは値動きが異なるため、オルタナティブ投資の一つとして活用することができます。

一般に貴金属・エネルギー・農産物などの商品先物は、将来の価格(相場が上がるか下がるか)を予測して取引するもので、買いだけでなく売りからも始めることが可能となっており、本ファンドでは、商品価格の値上がり(相場の上昇)で利益が出る「買いの持ち高」を作り、予想した通り相場が上昇すると売り戻して差額が利益となる仕組みとなっています(商品価格が上昇すると、ファンドの運用成績が向上)。

通常、商品取引会社がファンドを組成する場合、このブル型だけでなく、商品価格の値下がり(相場の下落)で利益が出る「ベア型商品ファンド」とセットで商品化するのが普通で、相場のトレンドの変化に応じて、投資家が相互に乗り換えられるようになっています。なお、本タイプのファンドは、あまり馴染みのない「商品(コモディティ)市場の知識」が必要なため、投資のベテラン向けのものと言えます。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。