コモディティ

英語名: Commodity
分類: オルタナティブ投資|商品

コモディティは、日本語では、生活必需品や日用品、商品のことをいいます。これは、本来(英語の「commodity」)は、商品、農業・鉱業などの産物、有用な品、役に立つものを意味し、また複合語には、「commodity prices:物価」、「staple commodities:主要商品」、「the commodity exchange:商品取引所」、「the commodity market:商品市場」、「commodity trading:商品取引」などがあります。

一般に本用語は、日常的には、資産運用とマーケティングで使われることが多く、その意味(内容)は大きく異なっているのでご注意ください。

資産運用におけるコモディティ

コモディティは、資産運用用語では、世界の商品取引所などで取引される商品のことをいいます。具体的には、原油や天然ガスなどの「エネルギー」、プラチナパラジウムなどの「貴金属」、銅やニッケル、アルミニウム、亜鉛、鉛などの「非鉄金属」、トウモロコシや小麦、大豆、コーヒー、粗糖などの「農産物」といったものがあります。

現在、日本におけるコモディティ投資については、東京商品取引所などに上場する商品先物のほか、東京証券取引所に上場するコモディティ関連のETFETN、コモディティに投資する投資信託などがあります。なお、投資商品の特徴としては、インフレに強い点や、値動きが株式・債券等と異なる点が挙げられます。

マーケティングにおけるコモディティ

コモディティは、マーケティング用語では、日用品のように一般化したため、品質や特性での差別化が困難となった製品やサービスのことをいいます。また、市場参入時に高付加価値を持っていた商品の市場価値が、普及段階における後発品との競争の中で低下し、一般的な商品になることを「コモディティ化」と言います。