印税

読み方: いんぜい
分類: ビジネス・産業|コンテンツ

印税は、「著作権使用料」と同義で、著作物の利用者が著作物を利用する対価として、著作者または著作権者に対して支払う金銭をいいます。これは、出版社やレコード会社、放送局、カラオケ事業者などが、著者や作詞家、作曲家などの許諾を得て、その許諾に係る利用方法及び条件の範囲内において、当該著作物を利用する対価として支払うロイヤルティー(特定の権利を利用する利用者が権利を持つ者に支払う対価)を指します。

現在、日本の著作権法では、演奏権や録音権、貸与権、出版権など著作物に関する権利は著作者が専有していますが、一方で利用者も著作権者の許諾を得れば、その許諾に係る利用方法及び条件の範囲内において、当該著作物を利用することができます。なお、印税という呼称から租税の一種と思われがちですが、その実態は「ロイヤリティー」であり、税とは無関係です。

書籍出版物の印税

出版物の場合、「定価×印刷部数(または実売部数)×一定割合」の印税が出版社から著者に支払われます。また、その支払方式には「発行印税」と「売上印税」の二つがあり、昨今では、実績ベースの売上印税が主流となっています。

音楽の印税

音楽の場合、著作権印税、原盤印税、アーティスト印税の三つがあり、例えば、ミュージシャンのグループでは、作詞・作曲をする人が一番儲かることになります(原盤権を持っていれば、さらに大きく儲かる)。

●著作権印税

著作者の権利を使用する対価として、作詞家や作曲家、編曲家、音楽出版社などの著作者または著作権者に対して支払われる印税。

●原盤印税

レコード製作者の権利を使用する対価として、レコード会社や音楽出版社、芸能プロダクションなどのレコード製作者に対して支払われる印税。

●アーティスト印税(歌唱印税)

実演家の権利を使用する対価として、ボーカルや演奏家などの実演家に対して支払われる印税。