租税

【読み方:そぜい、分類:税務】

租税は、国または地方公共団体が一般経費の財源にあてるために、法律に基づいて、個人(国民・住民)や法人(企業・団体等)から強制的に徴収する金銭のことをいいます。これには、国が徴収する「国税」と、地方公共団体が徴収する「地方税」の二つがあります。

現在、日本では、日本国憲法の第84条において、「あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする」と定められており、租税法律主義となっています。また、その元となるのは「租税法(租税に関する法規の総称)」で、具体的には、国税通則法や国税徴収法、国税犯則取締法、所得税法、法人税法、相続税法、酒税法、地方税法などがあります。