ディスパリティ

英語名: Disparity
分類: 為替相場

ディスパリティは、金利裁定取引の際に、直先スプレッド(直物と先物の為替レートの差)が金利差と一致していない不均衡状態のことをいいます。また、金利裁定取引とは、外国為替取引では、直物相場先物相場との間のスプレッド(金利差)と、二国間の短期金利の差との関係に生じた不均衡を利用し、短期資金の移動により利鞘を狙う取引をいいます。

一般に金利裁定取引において、直先スプレッドと金利差が一致している均衡状態を「パリティ」と呼ぶのに対して、直先スプレッドと金利差が一致していない不均衡状態を「ディスパリティ」と呼んでいます。