フィラデルフィア連銀製造業景況指数

読み方: ふぃらでるふぃあれんぎんせいぞうぎょうけいきょうしすう
英語名: The Federal Reserve Bank of Philadelphia Business Outlook Survey
分類: 経済指標|米国

フィラデルフィア連銀製造業景況指数は、「フィラデルフィア連銀指数」や「フィラデルフィア連銀景況指数」、「フィラデルフィア業況指数」、「フィラデルフィア連銀製造業景気指数」とも呼ばれ、アメリカ合衆国(米国)のフィラデルフィア連銀が発表する、フィラデルフィア地区(ペンシルバニア州、ニュージャージー州、デラウエア州)の製造業の景況感や経済活動を示す景気関連の経済指標をいいます。これは、非農業部門の就業者数、失業率、製造業の新規受注、製造業の平均賃金、個人所得など11の項目について、1カ月前と比較して、現在と将来(6カ月毎)の認識を3択(良い/同じ/悪い)で回答したものを集計しています。また、本指標は、0が景況判断の分岐点となっており、指数がプラスになれば景況感が良く、逆にマイナスの場合はそれが悪化していることを示します。

一般に米国の製造業関連指標のチェックについては、15日のニューヨーク連銀製造業景気指数で大まかな方向性を予測し、第3木曜日のフィラデルフィア連銀製造業景況指数でコンセンサスを形成し、そして翌月第1営業日のISM製造業景気指数で実際の数値を確認するという流れになっています。

<本指標の主なポイント>

・地区連銀が発表している景況指数
・製造業の景況感を把握する際に利用する
・雇用統計の先行指標としても注目される
・全国区のISM指数との相関が比較的高い

発表国 アメリカ合衆国
発表先 フィラデルフィア連邦準備銀行
発表時期 毎月第3木曜日
発表内容 フィラデルフィア地区の景況感の指数