購買担当者指数

読み方: こうばいたんとうしゃしすう
英語名: Purchasing Manager's Index
分類: 経済指標|各国

購買担当者指数は、「PMI」とも呼ばれ、製造業やサービス業の購買担当者を対象にアンケート調査や聞き取りなどを行い、新規受注や生産高、受注残、価格、雇用、購買数量などの指数に一定のウエイトを掛けて算出する指数のことをいいます。現在、世界の多くの国(地域)で用いられている代表的な経済指標の一つで、特にマーケットにおいては、米国ISM製造業景気指数ISM非製造業景気指数中国の中国製造業購買担当者景気指数、ユーロ圏ユーロ圏購買担当者景気指数などが注目されています。

一般に購買担当者指数は、その国(地域)の企業の購買担当者に直接調査した結果を積み上げて算出されるため、景気実態を正確に映し出しやすいのが特徴で、また発表時期が国内総生産(GDP)など他のマクロ経済指標より早く速報性が高いです。その中でも、製造業の購買担当者指数は、将来の景気動向を占う「先行指数」として幅広く注目されています。これは、原材料や部品などを調達する製造業の購買担当者が、取引先の動向や製品の需要、自社の生産計画などを見極めた上で仕入れを行うため、その景況感は数カ月先の景気動向を敏感に映すとされるからです。

なお、購買担当者指数は、景況感の改善と悪化の分岐点となるのが50で、通常、50を上回ると景気拡大(景気が上向き)、50を下回ると景気後退(景気が下向き)を示唆すると言われます。(景気が良くなると考える人が多いほど指数は高くなり、逆に悪くなると思う人が増えれば指数は下がる)