ノンリコース融資

読み方: のんりこーすゆうし
英語名: Non-Recourse Loan
分類: 融資

ノンリコース融資は、「ノンリコースローン」や「非そ及型融資」とも呼ばれ、個人や法人などが保有する、特定の事業や資産(責任財産)から生ずる収益(キャッシュフロー)のみを返済原資とする、非遡及型の融資をいいます。

一般に普通の融資では、金融機関が個人や法人などに直接貸し付けるため、特定の事業から返済できなくなっても、借り手は返済義務を必ず負うことになります。一方で、ノンリコース融資では、返済は事業からの収益だけに限定されるなど、借り手が返済義務を限定される分、金融機関はリスクを考慮して、高めの金利を設定することになります。

現在、米国では、ノンリコース融資が主流なのに対して、日本では、担保保証を求めるリコース融資(遡及型融資)が一般的です。

ノンリコース融資の具体例

例えば、ノンリコース融資の対象が不動産の場合、債権者求償できる範囲は賃貸収入や不動産の売却代金に限定され、債務者の他の資産からは回収ができません。また、対象案件については、賃貸アパートや賃貸マンションから、大型の不動産開発(オフィスビルや複合商業施設、物流施設等)まで様々となっています。

<不動産のノンリコース融資の利用メリット>

・賃貸(または販売)収入だけを返済原資とすることが可能
・取組方法によっては、資産・負債のオフバランス化が可能
・万が一、債務不履行が生じた場合、責任財産たる対象不動産の売却代金以上は免責

資産流動化とノンリコース融資

昨今、日本でも資産流動化市場の発展に伴い、ノンリコース融資は一つの手法として活用されるようになっていますが、一方で融資する側としては、「事業性の分析」など高度な判断力が必要となります。

また、資産流動化案件のノンリコース融資の借り手には、責任財産の当初保有者(オリジネーター)である事業会社等ではなく、オリジネーターから責任財産を譲受けた特別目的会社(SPC)や信託銀行(信託勘定)がなるのが一般的です。これは、スキームの組成上、ノンリコース融資からオリジネーターのリスクを切り離す必要があるためです。