長期プライムレート(長プラ)

読み方: ちょうきぷらいむれーと(ちょうぷら)
英語名: Long-term prime rate
分類: 金利

長期プライムレートは、「長プラ」とも呼ばれ、銀行等の金融機関が最も信用度の高い優良企業に対して、長期(1年以上の期間)で貸し出す際の最優遇貸出金利(プライムレート)のことをいいます。これは、今日も一部の金融機関で公表されていますが、一方で企業向けの長期貸出では、現在、本レートを採用するケースはほとんどありません。

ここでは、その昔、ローン金利の基準となっていた「長期プライムレート」について、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

長期プライムレートの仕組み

長期プライムレートとは、民間金融機関が信用力の高い優良企業に対して、1年以上の長期融資(長期貸出)に適用する最優遇貸出金利(プライムレート)のことをいいます。また、各企業への融資金利(貸出金利)については、本レートをもとに、信用リスク等の大きさに応じて、上乗せ金利を付加して決定されます。

かつて(昔)は、長期プライムレートの水準は、長期信用銀行の発行する「5年もの利付金融債」の発行利率に一定の利率を上乗せして決定されていましたが、今日では、長期信用銀行という形態が存在しないため、金融機関が発行する「5年もの普通社債」の発行利率や市場で取引されるスワップレートなど、マーケットにおける資金調達レートを参考に、一定の利率を上乗せする方式で決定されています。

長期プライムレートの公表先

長期プライムレートは、現在、長期信用銀行や信託銀行、系統金融機関など、1990年代まで長期金融が主体であった銀行等を源流に持つ、下記のような一部の金融機関でのみ公表されています。

・みずほ銀行
・新生銀行
・あおぞら銀行
・三菱UFJ信託銀行
・商工組合中央金庫 他

長期プライムレートの動向

長期プライムレートのヒストリカルデータ(時系列データ)は、日本銀行のウェブサイトにおいて、預金・貸出関連統計の中の「長・短期プライムレート(主要行)」で閲覧することができます。ちなみに、現在、掲載されているデータは、みずほ銀行の長期プライムレートです。

●1989年-1990年(バブル期)

最高値:8.90%、最低値:5.70%

●1991年-2000年(バブル崩壊期)

最高値:7.90%、最低値:1.90%

●2001年-2010年(デフレ期)

最高値:2.65%、最低値:1.25%

●2010年-現在(デフレ期)

最高値:1.70%、最低値:0.90%

新長期プライムレートとは何か?

新長期プライムレートは、民間金融機関が優良企業向けに対して、長期(1年超の期間)で貸し出す際に適用する最優遇貸出金利のことをいいます。これは、短期プライムレート(新短期プライムレート)を基準に一定の利率を上乗せしたもので、昭和の終盤から平成の初期にかけて、金利が自由化に向かう流れの中で、1991年に導入されました。

なお、短期プライムレートとは、民間金融機関が優良企業向けに対して、短期(1年以内の期間)で貸し出す際に適用する最優遇貸出金利のことをいいます。