モアタイムシステム

読み方: もあたいむしすてむ
分類: システム

モアタイムシステムは、全銀ネットが運営する、他行宛ての24時間即時振込を可能にした新システムをいいます(2018年10月9日に稼働開始)。これは、「全国銀行データ通信システム(全銀システム)」の現行の稼動時間帯(平日8時30分~15時30分、12月を除く月末営業日7時30分~16時30分)以外の時間帯をカバーするために、本体システムとは別に構築したサブシステムとなっており、「平日夜間(夕方~朝)」と「土日祝日」の他行宛振込のリアルタイム着金を可能としています。

一般にモアタイムシステムは、全銀システムを補完する役割を果たしており、その導入の背景として、情報技術の発展や経済活動の多様化などにより、企業・個人ともに夜間や休日においても即時入金のニーズが増加したことがありました。なお、金融機関に対して、モアタイムシステムへの参加義務は設けられていませんが、全体の約75%の銀行と2業態がサービス提供開始当初から参加し、今後も拡大していくと予想されています。