全国銀行データ通信システム(全銀システム)

読み方: ぜんこくぎんこうでーたつうしんしすてむ
分類: システム

全銀システムは、「全国銀行データ通信システム」の略で、企業や個人、公的機関などからの内国為替取引(送金や振込など)を金融機関同士で処理(決済)するネットワークシステムをいいます。これは、全国の金融機関が互いに内国為替のデータをやり取りするのを仲介するオンラインシステムであり、全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が運営し、都市銀行地方銀行信託銀行信用金庫信用組合労働金庫農業協同組合など国内の大半の金融機関が参加しています。

現在、日本において、送金振込などの金融機関から送られてきた為替取引に関するデータは、全銀システムのコンピュータセンター(全銀センター)でリアルタイムで処理され、直ちに受取人の取引金融機関宛に送信されます。これと同時に、全銀システムでは、金融機関からの支払指図を集中計算した上で、各金融機関毎に算出した受払差額(決済尻)を一日の業務終了後に日本銀行に対してオンラインで送信します。その後、日本銀行では、全銀システムからの送信内容に基づいて、各金融機関と全銀ネットとの間で、日本銀行当座預金の入金または引落しを行い、これにより最終的な金融機関間の為替決済が完了します。

全銀システムの仕組み

全銀システムは、東京と大阪にある全銀センターに設置したホストコンピューターで稼働しています。各金融機関は自行のコンピューターセンターや共同センターのホストに「全銀ターミナル」と呼ばれるミニコンを接続し、これを介して全銀センターと為替データを送受信しています。なお、本システムは、協会からの委託を受けて、NTTデータが開発・保守を行っています。

全銀システムの沿革と処理能力

・第1次システム:1973年(稼働時処理能力:100万件/日)
・第2次システム:1979年(稼働時処理能力:140万件/日)
・第3次システム:1987年(稼働時処理能力:500万件/日)
・第4次システム:1995年(稼働時処理能力:1350万件/日)
・第5次システム:2003年(稼働時処理能力:1500万件/日)
・第6次システム:2011年(稼働時処理能力:2000万件/日)