信託銀行

読み方: しんたくぎんこう
分類: 信託|担い手

信託銀行は、信託業務と銀行業務とを兼営する銀行の中で、信託業務を主な業務とする銀行のことをいいます。これは、通常、「○○信託銀行」という商号を持つ銀行を指し、長期金融と財産管理の二つの機能を持っています。その前身は、1922年に制定された信託業法により営業免許を得た信託会社で、戦後のインフレによる苦境(不振)の打開策として、1948年に当時の信託会社6社(安田、三井、三菱、住友、日本、第一)が名称を信託銀行と改称し、従来の信託業務の他に銀行業務を併営することになりました。

一般に信託銀行は、過去の沿革的理由により、銀行法上の銀行が「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律(兼営法)」によって、信託業務を兼営する形態を取っており、銀行に認められている全ての銀行業務を営むことができるほか、全ての信託業務を営むことができます。また、信託銀行の中には、市場規模や収益性の観点から、得意(専門)分野を絞って、一部の信託業務に特化して業務を営んでいるところもあります。

なお、総務省の日本標準産業分類では、信託銀行は主として信託業務を行う銀行の事業所と説明されており、銀行(中央銀行を除く)の中で、「普通銀行」と「その他の銀行」とは別のものとして区分されています。