運用型信託会社

読み方: うんようがたしんたくがいしゃ
分類: 信託|担い手

運用型信託会社は、信託業の形態の一つで、主に信託業務と兼業業務を行う会社のことをいいます。これは、設立根拠法は信託業法で、また組織形態は株式会社で、具体的には、免許を取得した信託会社が該当します(運用型外国信託会社を含む)。また、その他の信託会社の形態として、主に管理型信託業務と兼業業務を行う「管理型信託会社」があります。

なお、兼業業務とは、信託業務に支障を及ぼす恐れがない業務であって、信託業務と関連するものとして個別に承認を受けた業務のことをいい、これに限り兼業可能となっています。