資産管理銀行

読み方: しさんかんりぎんこう
分類: 金融機関

資産管理銀行は、「カストディアン」とも呼ばれ、顧客に代わって有価証券の保管・管理(カストディ)を行う金融機関のことをいいます。これは、機関投資家などから株式や債券といった有価証券を預かり、売買や決済などの管理を代行するほか、配当の受取りや議決権行使の代行、運用報告書の作成など業務は多岐にわたっています。

一般に資産管理銀行は、資産運用ビジネスの中核業務を担う金融機関として重要な役割を果たしており、また多大なシステム投資が必要な装置産業でもあることから、日本においては大手二社に集約されています。

※2018年10月に資産管理サービス信託銀行(TCSB)と日本トラスティ・サービス信託銀行(JTSB)が経営統合し、新会社「JTCホールディングス(JTC HD)」を設立。2021年を目途に、JTC HDがTCSBとJTSBを吸収合併する予定。