D-SIBs

読み方: でぃーしぶず
英語名: Domestic Systemically Important Banks
分類: 金融規制

D-SIBs(ディー・シブズ)は、"Domestic Systemically Important Banks"の略で、国内のシステム上、重要な銀行のことをいいます。これは、金融庁が国際合意に沿って、自己資本比率規制に関する告示に基づき、「G-SIBs(グローバルなシステム上、重要な銀行)」と共に指定・公表するもので、金融機関ごとにシステム上の重要性を評価し、リスクアセット対比で一定水準の追加的な資本の積立てを求める金融機関を指します。

なお、D-SIBsに対して求める、一定水準の追加的な資本の積立て(D-SIBsサーチャージ)は、G-SIBsとは異なり、各国当局の裁量に委ねられています。

<D-SIBsの指定(2015年12月)>

・三菱UFJフィナンシャル・グループ
・みずほフィナンシャルグループ
・三井住友フィナンシャルグループ
・三井住友トラスト・ホールディングス
・農林中央金庫
・大和証券グループ本社
・野村ホールディングス