G-SIBs

読み方: じーしぶす
英語名: Global Systemically Important Banks
分類: 金融規制

G-SIBs(ジー・シブス)は、"Global Systemically Important Banks"の略で、グローバルなシステム上、重要な銀行のことをいいます。これは、「G-SIFIs(グローバルなシステム上、重要な金融機関)」の中で、金融安定理事会(FSB)が世界的な金融システムの安定において欠かせないと認定した世界の大手銀行を指します。

現在、世界の大手銀行に対して、主要なリスク要因に対応した指標(国際的活動、規模、相互関連性、代替可能性、複雑性)を用い、各銀行の点数を算出し、一定以上の点数となった銀行は「G-SIBs」に認定され、点数に応じて、5つのグループに区分されます(毎年公表)。また、各グループの区分に従い、「G-SIBsサーチャージ」と呼ばれる、バーゼル3における自己資本の水準に上乗せした自己資本の積み上げが求められます。

なお、G-SIFIsは、毎年、FSBにより公表されており、2011年と2012年は「G-SIBs」のみでしたが、2013年からは「G-SIBs」の他に「G-Slls(グローバルなシステム上、重要な保険会社)」も公表されています。

 G-SIFIs=G-SIBs+G-Slls