アジア・アフリカ会議/バンドン会議

読み方: あじああふりかかいぎ
英語名: Asian-African Conference
分類: 世界経済|国際会議

アジア・アフリカ会議(AA会議)は、「バンドン会議(Bandung Conference)」とも呼ばれ、1955年4月にインドネシアのバンドンで開かれた、アジア・アフリカの29カ国による会議をいいます。これは、アジア・アフリカの有色人種国による初めての国際会議で、参加国の多くが第二次世界大戦後に、かつて帝国主義を標榜した欧米諸国の植民地支配から独立した国々でした(日本も参加)。また、本会議では、反帝国主義や反植民地主義のもとに、民族独立・人種平等・世界平和・友好協力などを記した「世界平和と協力の推進に関する宣言(平和十原則)」が採択されました。

第1回のバンドン会議を皮切りに、AA会議は継続的に開催される予定でしたが、会議を主導した国々の指導者間の統一が乱れ、1964年に予定されていた第2回会議は開催されず、それ以降も会議は開催されませんでした。その後、長い時を経て21世紀に入り、2005年4月に「バンドン会議50周年を記念する首脳会議」が開かれ、世界の多くの国々が参加し、今後、首脳会談を4年に1度(閣僚級会議は2年に1度)開催することを決定しました。