ナスダック総合指数

読み方: なすだっくそうごうしすう
英語名: NASDAQ Composite Index
分類: インデックス|NASDAQ

ナスダック総合指数(NASDAQ総合指数)は、アメリカ合衆国(米国)NASDAQ(店頭株式市場)に上場する、米国および米国外の全上場銘柄で構成される時価総額加重平均指数をいいます。これは、1971年2月5日を基準日とし、この日の終了時点を100として算出され、その構成銘柄で世界的に有名なものとしては、アメリカン航空、アップル、アドビシステムズ、アマゾン、百度、シスコシステムズ、イーベイ、フェイスブック、グーグル、インテル、マイクロソフト、クアルコム、スターバックス、テスラモーターズ、テキサスインスツルメンツなどが挙げられます。

一般にナスダック総合指数は、「ダウ平均(ダウ工業株30種)」や「S&P500」と並び、米国の代表的な株価指数として世界的に知られ、そのサブインデックスとして、金融以外のセクターで時価総額と流動性が最も高い100銘柄で構成される「ナスダック100指数(NASDAQ-100)」があります。なお、その特色として、指数全体に対して、シリコンバレーのハイテク株やIT関連株の占める割合が高いため、その業績動向が反映されやすいと言われています。

<NASDAQについて>

NASDAQは、"National Association of Securities Dealers Automated Quotations"の略で、1971年に全米証券業協会(NASD)の主催で開設された世界初の電子株式市場。2008年にNASDAQを運営するNasdaq Stock Marketと北欧(スウェーデンとフィンランド)の証券取引管理会社のOMXが経営統合して、ナスダックOMXグループ(NASDAQ OMX Group)となる。