アメリカ合衆国(米国)の基本情報

アメリカ合衆国(米国)は、北アメリカ大陸の中央部(本土:48州)にアラスカとハワイを加えた50州、および首都地区(コロンビア特別区)からなる連邦共和国です。1607年から英国の植民地経営が始まりましたが、1776年に東部の13植民地が独立を宣言し、1783年にパリ条約で英国が独立を承認し、以後、西へと領土を広げ、19世紀半ばに太平洋岸に達しました。(その他に、プエルトリコやグアム、サモア、ウェーク島などの海外領土もある)

現在、米国は、大量生産と大量消費という資本主義が最も発達した世界第1位の経済大国であり、また経済面だけでなく、軍事面でも世界最大の力を持ち、国際社会において中心的な役割を果たしています。

アメリカ合衆国(米国)のメモ

・移民と多様性の国である(人種のるつぼ)
・国内総生産(GDP)で世界第1位
・世界的な巨大企業の多くは米国企業
・世界最大の資本市場を持つ(ウォール街
・金融政策のスピードが早い(金利を上げるのも下げるのも)
双子の赤字を抱える(経常収支と財政収支の赤字)
・政権が変わると経済政策が変わることがある
・伝統的に雇用面を重視
シェール革命でエネルギー事情が激変

アメリカ合衆国(米国)の概要

国名 United States of America (USA)
面積 962.8万平方km(世界第4位、日本の約25倍)
人口 3億1,905万人(2014年、世界第3位)
首都 ワシントンD.C.(最大都市はニューヨーク)
民族 ヨーロッパ系、アフリカ系、ヒスパニック系、アジア系 他
言語 英語
通貨 アメリカドル(米ドル)
宗教 キリスト教 他
政治体制 大統領制、連邦制
主要産業 工業、農林業、金融・保険・不動産業、サービス業
主要輸出品目 航空機、燃料油、石油製品、自動車、同部品、医薬品
主要輸入品目 原油、自動車、同部品、医薬品、時計等、コンピュータ
主要輸出相手国 カナダ、メキシコ、中国、日本、ドイツ
主要輸入相手国 中国、カナダ、メキシコ、日本、ドイツ
備考 北米自由貿易協定(NAFTA:米国、カナダ、メキシコ)、日本とは経済・政治面で相互依存・協力関係

金融経済データ集