カナダの基本情報

カナダは、ロシア連邦に次いで、世界で2番目に広い国土を持つ国です。10の州と3の準州を持つ連邦立憲君主制国家(英連邦王国の一つ)で、17世紀に先住民族が居住する中、外からやってきた英仏両国の植民地連合体として始まりました。1763年に英国領となり、フランス系住民と先住民が大英帝国の支配に組み込まれ、その後、1867年に英連邦内の自治領となり、1931年に事実上の独立国家となりました(1982年カナダ法及びカナダ憲法制定により、独立プロセスは終了)。

現在、世界的に原油や天然ガス、ウラン、石炭、金など天然資源に恵まれているだけでなく、産業も非常に多様で、経済の中心はサービス業となっています。また、北米自由貿易協定(NAFTA)により、経済面で隣国の米国との結びつきが非常に強いです。

カナダのメモ

・豊富な天然資源を持つ資源大国である
・世界の中で、政治的・経済的に安定している
・先進国の中で、財政と金融で高い健全性を誇る
・英連邦の一員である一方、米国とのつながりが深い
・豊かな自然を生かした豊富な観光資源を持つ
・建国以来、ケベック州の分離独立問題を抱える

カナダの概要

国名 Canada
面積 998.5万平方km(世界第2位、日本の約27倍)
人口 3,599万人(2015年)
首都 オンタリオ州オタワ
民族 英国系、フランス系、先住民 他
言語 英語、仏語
通貨 カナダドル
宗教 カトリック、プロテスタント 他
政治体制 立憲君主制
主要産業 金融・保険・不動産等のサービス業、製造業、建設業、鉱業
天然資源 石油、天然ガス、石炭、ウラン、金、銀、銅、亜鉛、鉛、鉄鉱石、ニッケル、コバルト、カリウム、木材
主要輸出品目 石油及び歴青油、乗用車、金、天然ガス、軽質油及びその調整品、瀝青炭、塩化カリウム、針葉樹
主要輸入品目 石油及び歴青油、乗用車、金、軽質油及びその調整品、輸送車両、医薬品、内燃機関
主要輸出相手国 米国、中国、英国、日本
主要輸入相手国 米国、中国、メキシコ、ドイツ、日本
備考 英連邦に加盟、NAFTAに加盟、G7の一員

金融経済データ集