ニュージーランドの基本情報

ニュージーランドは、南太平洋に位置する北島と南島の2つの主要な島と多くの小さな島々で構成される、日本と同様の島国です。1947年に英国のウェストミンスター法受諾(英国議会から独立した立法機能取得)により、事実上の独立国家となりましたが、今日でも、英連邦加盟国の一つで、また英連邦王国の一つです。

現在、世界的に酪農と農業の先進国であり、酪農品や食肉、林産物、果実類などの輸出額のウェイトが高く、近年は、中国日本をはじめ、アジア諸国への輸出が急増しています。また、地理的にオーストラリアの横に位置することから、同国との結びつきは非常に深いです。

ニュージーランドのメモ

・農畜産物が主要な輸出品
・畜産を中心とする農業分野における高い生産性
・豊かな自然風土を活かして、観光産業も発展
・オーストラリアとの結びつきが非常に深い
・財政状況は日本や欧米諸国に比べて良好

ニュージーランドの概要

国名 New Zealand
面積 27万534平方km(日本の約4分の3)
人口 424万人(2013年)
首都 ウェリントン
民族 欧州系、マオリ系、太平洋島嶼国系、アジア系 他
言語 英語、マオリ語
通貨 ニュージーランドドル
宗教 キリスト教 他
政治体制 立憲君主国
主要産業 酪農製品や肉類、林産品、機械類が主力。近年は、バイオを含む科学技術分野や映画製作等にも注力
主要輸出品目 酪農製品、食肉、木材
主要輸入品目 石油・鉱物燃料、自動車、機械類
主要輸出相手国 中国、オーストラリア、米国、日本
主要輸入相手国 中国、オーストラリア、米国、日本
備考 英連邦の一国、自由貿易協定の積極的推進

金融経済データ集