双子の赤字

読み方: ふたごのあかじ
英語名: Double deficit、Twin deficits
分類: 米国

双子の赤字は、財政収支と経常収支(貿易収支)が共に赤字になっている状態のことをいいます。これは、1980年代のアメリカ合衆国のロナルド・レーガン政権下において行われた「レーガノミックス(自由主義経済政策)」により、その悪循環を招いて世界的に注目されるようになって以降、特に米国が抱える「財政収支」と「経常収支」の2つの赤字を指すことが多くなりました。

一般に「双子の赤字」は、ニュースや経済記事などでは、世界経済に大きな影響を及ぼす、米国に対して言及されることが多いですが、一方で、経済面の問題を指摘する際に、同様に2つの赤字(財政赤字と経常赤字)を抱える国に対しても使われます。

・双子の赤字=財政赤字+経常赤字(貿易赤字)

米国の「双子の赤字」の要因

米国において、財政収支の赤字は、第二次世界大戦後の積極財政が行き過ぎたことや、冷戦下での軍事費の増大によって招いたと言われています(特にレーガン政権では、大規模減税や軍事費増大などで財政収支が悪化した)。一方で、経常収支(貿易収支)の赤字は、1960年代以降の西ヨーロッパ諸国や日本の復興などに対して米国産業が対応し切れず、競争力を落としていったことから拡大したと言われています(昨今では、貿易赤字で対中国が最大になっている)。

米国の「双子の赤字」の状況

米国において、長年、双子の赤字は、歴代政権の構造的な課題とされ、他国からも是正を求められ、1998年にビル・クリントン政権下では、好景気にも支えられ、財政収支が改善して黒字となり一旦解消されました(経常収支は赤字のまま)。

しかしながら、21世紀に入って、ジョージ・W・ブッシュ政権下では、軍事費増大と減税政策により、財政収支がまた赤字となり再発しました。さらに、2008年-2009年のサブプライム問題を起因とする世界金融危機により、米政府が大きな財政面の支出を行ったため、財政赤字は大きく拡大することになりました。

なお、世界的に景気回復した2010年代においても、米国では「双子の赤字」は依然として続いており、解消の目途はたっていません。ちなみに、米国以外では、インドネシアやインド、フィリピン、エジプト、トルコなどが「双子」の赤字を抱えています。