フィリピン総合指数

読み方: ふぃりぴんそうごうしすう
英語名: PSE Composite Index (PSEi)
分類: インデックス|フィリピン

フィリピン総合指数は、フィリピン共和国の首都マニラにあるフィリピン証券取引所に上場している商工業・不動産・鉱業・石油セクターの主要銘柄で構成される時価総額加重平均指数をいいます。これは、東南アジアのフィリピン株式市場の代表的な株価指数で、1994年9月30日を基準日とし、その日の時価総額を2922.21(基準値)として算出されます。また、その構成銘柄で時価総額が大きなものには、SMインベストメンツ(コングロマリット)、PLDT(通信)、アヤラ(不動産)、ユニバーサルロビナ(食品)、バンコ・デ・オロ(銀行)、フィリピン・アイランズ銀行(銀行)、JGサミット(コングロマリット)などがあります。

なお、本指数の値動きやチャート、構成銘柄などは、フィリピン証券取引所のウェブサイトで見るのが結構簡単です。

※PSE=Philippine Stock Exchange