FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数

英語名: FTSE Bursa Malaysia KLCI Index
分類: 株価指数(マレーシア)

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は、「クアラルンプール総合指数」とも呼ばれ、FTSE Russellが算出・公表する、マレーシアを代表する株価指数をいいます。これは、マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)のメイン・ボードに上場する株式のうち、時価総額が大きく流動性の高い上位30銘柄で構成される浮動株調整済時価総額加重平均方式の指数で、2009年7月6日より算出されています。

本指数は、1977年1月1日を基準日とし、その日の指数値を100として算出されていた「旧KLCI(Kuala Lumpur Composite Index)」の指数値を引き継ぐ形で算出されており、2009年の引継ぎ時に100銘柄から30銘柄に変更し、また構成銘柄の見直しは毎年6月と12月に実施しています。なお、この大幅な変更は、FTSE Russellのグローバル・インデックス基準で算出することにより、その信頼性を高め、マレーシア株式市場の動向を追う各国の投資家ニーズに応えるためのものです。

現在、東京証券取引所には、本指数の円換算値との連動を目指すETFの「ブルサKLCI:NEXT FUNDS FTSEブルサ・マレーシアKLCI連動型上場投信(1560)」が上場され、取引されています。